アイドルになれないなら死にたい

"穴ならここにあります"

13 Articles

ネイルをしよう

ドン小西が今年の流行色だと言っていたボルドーを爪に取り入れようとして、マニュキュア塗ったら、
友人からは黒光りするうんこと言われた。
私という希少な存在に対してまったく気を使うことなく、こんな思ったことをこと言ってくれる友人は大切にしよう、そう思ったのみであった。

それまでの私はネイルサロンに対してこじらせたイメージしかなく、
ギャルか六本木や赤坂、丸の内や渋谷などで働いているTHE OL(ジッオーエルゥ)の人しかネイルを塗ってはいけないのではないか、くらいに思っていた。

きらきら、きゃっきゃ、うふふしているような人しかネイルサロンにいないと思ってた。

しかし百聞は一見にしかず、経験は知識に勝る。知識は剣にも勝るをmottoにしている私だ。


私は私の中で決めていることがあって、こうだと決めつける前にまず経験しようといものだ。
私は「え?レゲエ?そんなもん聞かないよ」ということではなく「レゲエ聞いてみたけどやっぱり合わなかった」と言える人間になりたいのだ。

ネイルサロンに対しても、ディスル前にまずは経験。
ちょうど友人の結婚式ということもあり、ネイルサロンに行ってみた。

さすがに、池袋新宿渋谷あたりで行くのは怖かったので、最寄り駅の
ワンカラーワンポイントで3990円オフなし、のネイルサロンを予約した。

私は見栄っ張りな女である。
百貨店にスニーカー、Tシャツでいけない女である。
地元駅にもかかわらず、ちょっとおしゃれをしていった。
 
そして終わって、ピンク色に色づく自分のネイルを見て
私はうっとりした。
 
そしてネイル予約の日にのみに誘ってくれた敬愛する上司にもほめられた。
 
よーし!これでお仕事も恋愛も頑張るぞ!と
自分の爪を見ることで気合を入れることができた、だって手元みたらめちゃめちゃかわいいんだもん。鏡見たらげんなりするけど手元みたらきゃっきゃうふふできらきらかわいいんだもん。
 
どこから見ても黒光りするうんこなんかではない。

6 views

絵を飾ろう

かねてよりずっと思っていた。結婚したら玄関に素敵な絵を飾りたいなって。
それは決して夢、絵空事なのではなくToDoだった。必ずいつかやらなければいけないことであった。

大学のゼミの教授からも言われた気がするが、
絵は日常には役立たないが、人の心を豊かにするものだと思っている。

私はいつかとびきりお気に入りの絵を見つけようと思っていた。
心を豊かにさせたかったから。
心が豊かになれば、内面から輝くことができ、外見も自然と磨かれ、いつの間にか良き伴侶に出会えると信じて疑っていなかったから。

そして私は、とうとうお気に入りの絵を見つけて、ネットで買った。
松田聖子風に言う「ビビビ」ときた絵を買った。

現在はチンコマンシリーズや豆本シリーズをこつこつと書き続けている石川次郎さんの絵だ。

サブカルかぶれの自分が知っているくらいのお人なのに、まるで、たたき売りかのように、数日生きていくための生活費を稼ぐかのような値段で、
インターネット売り出されていた。
そこで私は3枚の絵を買った。

同じ人が書いているのに作風が全く異なるように思える。
そこがまたいい。
販売サイトには作者のコメントも一部掲載されており、この手錠がされたピアニストの絵には「おのれの弱さにといかけたかった!こんなになっても絵をかきつづける気力はありますか?と。ピアニストは強い。みならいたい。」

中でもお気に入りの絵がこれだ。タイトルは「狂犬」。

インターネットの販売サイトにはおそらくこんな一言が添えてあった。
「ちょっと生きるのがなんとなくイヤになってしまった夜に描いてしまいました。
それからやっぱり10日間位みつめつづけていたら、この絵をゆるせたので出品させて頂きました。」

そのコメントの通り、コピックで狂ったように雑にざざざざと描かれている。
その表情からは現状への怒りが露わになっているように感じられた。
その怒りは内なるものへなのか、周りへのものなのかはわからないが。
私はこの絵を何度も見ては、自分の内なる猛烈な怒りをどげんかして表象しようと思った。
何かあるごとに壁に飾ったこの絵を見ては私もなんとかしなきゃなと思った。
私もいつか許し、許されたい。

そうやって絵は豊かにしてくれる。何かを考えさせてくれる。
心が豊かになって、生活が豊かになって、いつか素敵なライフが送れますように。

22 views

しょうこファンクラブ

私には別段好きなものがない。
何かを集めているわけでも、何かを追いかけているわけでもない。
気が向いたときに、その時一番好きな好きなものを摂取する。

サブカルガールと揶揄されてきたけど、別にサブカルチャーが好きなわけじゃない。
ただその時好きだったものが、他人から見ればそういうものだったのだ。

だから何かを熱烈に好きな人をとても羨ましく思う。
興奮しながら好きなものについて語れる人を素敵だなと思う。

好きなものがない私は自分を語るときになにを話せばいいのか?とよく考える。
誰かに覚えてもらうときに、自分をアピールするときに、何を主張すればいいのか?

私は日々そんなことを考えていた。そしてあるときなんとなく思った。

あ!そうだ!私はしょうこを好きになろう!
しょうこはすごいんだぞ!しょうこはかわいいんだぞ!
なにが、どこがって聞かれてもよくわからないけど、とにかくかわいいし、なにより面白い!
よし!しょうこファンクラブを作ろう!
自分が会員No1になって、ごり押しごり売りをすればきっと会員も増えていくはずだ!
自分の好きなものを広めていけるぞ!よおし!

というわけで普及活動のために、まずはグッズを作った。
顔を並べたスマホケース


私のキャッチコピーでもある「ニュー処女」をおしゃれにデザインしたTシャツだ。

あとは、お年賀用にステッカーも作ったりした

しょうこの人気が高まると同時にグッズも売れ、お金が手に入る。
その得たお金を美容につぎ込み、しょうこはさらにかわいくなっていく。そして更に人気が増していく。
そしてしょうこはしょうこをもっと愛せるようになる。

なんたる相乗効果。

ファンクラブへのご加入、グッズの購入のご連絡待っています。
伝書鳩も可です。

33 views

歯医者へ行こう

歯医者にて、これ見よがしに歯に詰まっているひき肉(お昼に食べミートソースの一部)を見せられたことが皆さまにはあるだろうか。
幼い頃から歯並びが悪いのがコンプレックスであった。

「矯正は必要ない」という歯医者の言葉をまんまと母親が信じ込み、私は歯並びがたがたのまま大人になってしまった。
同じ製造工場産のはずなのに、姉はとても歯並びが良い。私の何が悪かったのであろうか。

いや、もしかしたらあれが原因だったのかもしれない。
おじいちゃんのことが好きすぎて、お風呂場にある歯ブラシをこっそり使っていたからかもしれない。
(それは後にタイルのカビ取り用の歯ブラシであったと判明するのだが)

いや、それじゃないか。あっちの原因か。
母親とよく舌を絡めたディープキスをしていたからかもしれない。
総差し歯の母親と。
(今母親の口の中からは死体が詰まっているんじゃないかってくらい臭い、怖い)

いや、もうあれだ。
へそを曲げすぎて、歯も根本から曲がってしまっているのだ。
こんなんじゃキスもできない。ディープキスしたときにがたがたの歯でがったがたに相手様を傷つけてしまうんじゃないかと戦々恐々としていた。

私はきたるディープキスに向けて10年ぶりに歯医者に行くことにした。
歯医者は山ほどある。犬も歩け棒に当たるし、人が歩けば歯医者に出くわす。
私はそんな数多なる選択肢の中から、通院のモチベーションを高めるため&挫折しないため、イケメン歯医者さんを選んだのだった。
イケメンの歯医者は見慣れているのであろうか、別に私のかわいい歯並びについては特に触れなかった。
まさか想像はしていたが、ここまで根元がねじ曲がっていやがるとは!
このへそ曲がり!歯の根元ねじ曲がり!と私は恥ずかしくなったのだが。

そして健診後、虫歯の数が言い渡された。7本。
(前歯3本 奥歯4本)

歯並びがたがただから、もっと多いかと思ったが、意外と少なかった。
しかしそれから私は2年以上その歯医者に通った。

会社帰りの日も、雨の日も、雪の日も、
時には紹介状を書いてもらい、大学病院で親不知も抜いた。
歯の根元が曲がりに曲がり切っており、抜けば顎に神経麻痺が残るといわれたが、特に後遺症もなく、無事に粉々にされて抜けた。)
私は決してくじけることなく、なんなら喜んで歯医者に2年くらい通った。
今だって定期的にクリーニングに行っているし、今度ホワイトニングもするつもりだ。

別に歯並びはがたがたなままだけど、口内環境はいつだってクリーンなわけで、虫歯も治ったので少しはディープキスへの自信もついた。

そこのあなた!もういつだって私はディープキスできますよ!
あなたの唇傷つけてやりますよ!
このがったがったの歯と捻じ曲がった心でいつだって抱きしめてやりますよ!

75 views

いい匂いをさせよう

私は根に持つタイプである。
思い返してみたら6年ほど前の話だ。
「しょうこなんか犬の匂いがする」
と、好きな男の子の前で女友達に言われたのである。
その子にはそれ以来会っていない気がする。

もっと思い返してみれば10年前に大学の先生から
「バスタオルが臭いんじゃない?」とみんなの前でも言われた。

確かに私はいじられキャラである。そんなことを言われても基本へらへらしているのである。
でも心の中は地獄の業火ばりの怒りと見返してやろう精神であふれかえっていた。

敬愛する片桐仁も言っていた。
「いくらもののけ姫がかわいいくても、獣臭かったらドン引く」と。

「匂いは大切」という言葉に対して、
なんの効能があるのかわからない温泉、何に効くのかわからない神社の名前だけ書かれたお守り、
のような、そんな感じのイメージしかもっていなかった。

しかし匂いは大切。というよりかは臭いのはだめだ。

私が地獄の業火に焼かれながら立ち上がったのは、
かつての言葉からずいぶんと経ってからであった。

①私はまず若い女の子に絶大な人気を誇るSAVONへ行った。そして一番気に入ったジャスミンの香りのスクラブを買った。
死海の塩が使われている贅沢なバスソルト。私は使いきった。そして次にシーズン限定のも買った。

img_0946

でも、そのバスソルトはうるおい成分として油分が入っている。確かに潤う。そしてお風呂の床も潤わす。
私はお風呂で盛大に転んだ。

②もらったアロマキャンドルが変な減り方をしてしまったから細かく刻んで湯銭して
 新たなアロマキャンドルを精製した。
img_0945

我ながらかわいくできたと思ったが、
SNSに写真を投稿したら「ファンシーなゲロ」と言われた。
言いえて妙とはこのことだなと妙に納得してしまった。あと、火が付かなかった。

こうやって私はがんばった分だけ、自分を知れた。
私はちょっと馬鹿で、ちょっと不器用だと知れた。
もういい匂いはしなくたってそれだけで十分だと、自分に言い聞かせた。

61 views

化粧をしよう④結論

結局私は買ってしまった。
“施しを受ける”という目標を元に行動したわけだが、欲しくなってしまい買ってしまった。
「メイクをしてもらったら買わなきゃいけないのかな」という思いはあるが、かわいいから買ったのだ。
買わされたのではなく、買ったのだ。

「がぞ」

トップメイクアップアーティストの施しを受けたのち、私は一人フェスへと繰り出した。
愛しのworld’s end girlfriendにdownyにMONO。
最高のフェスを大好きなひとりぼっちで楽しんだ。

途中、入場規制がかかり、外でぼーっときのこ帝国を聴きながら一人待っていた。
待っていたが、別段いつも通りのひとりぼっちであった。
ナンパなんてされなかった。フルメイクなのに。

そのあと、どうしてもこのメイクを見て欲しくなって、翌日の仕事も顧みずにお友達の飲み会に合流したが、
「なんか違う」と言われただけだった。確かにそうだろう。

①で書いた記事内に「コンプレックスはメイクによって輝く」とあるけれど、
私はぼんやりとした顔だなーくらいでそこまで自分の顔に固執しておらず、そもそもコンプレックスなんてなかった。
強いて言えば「ブスではないけどかわいくはない」ということくらいだ。

特に磨くところもないし、特に隠すところもない。
自信はないけれど、コンプレックスもないというこの顔とどう付き合っていけばよいかちょっとよくわからなくなった。

そもそも論、化粧映えしない顔なのだ、私は。

83 views

化粧をしよう③

一目で変わったとわかるもの、それはきっとアイシャドーしかないと思っている。

私「すごいその赤のシャドーかわいいですね、私には何色が合うと思いますか?」
可愛い子「そうですねー、ブラウン系を使ってこられたならオレンジも合うと思いますよー」
上記のような激しい攻防戦を繰り広げ、最終的に私が床に額を擦り付ける形でワンポイントメイクをしてもらうことになった。
(お姉さんがなかなか言い出さないから自らやってくださいと言いました)

自分の運の良さというか、こういうところで運を使い果たしてしまう宿命というか、
その時ちょうどたまたま店舗にSHU UEMURAのトップメイクアップアーティストの人がいるらしく、その人にメイクをしてもらうこととなった。

椅子に座り、まずはベースメイクを除いたメイクを落としてもらう。そして目専用の保湿をしてもらう。
うわーまつげ!綿棒でそんな優しく落とすんかい!いつも目ん玉ごとごしごししとるわい!目専用の保湿剤ってどういうことじゃい!

待つことすぐ、女だと思ってたらとんでもないイケメンがきた。

IMG_2344

(家に帰って、調べたらまじでHPに載っていてびびったが、こんな感じではなく、もうちょっと柔らかい感じの人だった。)

アイメイクということで、まずはラインを引いてもらう。
と、その前にファンデーション塗りすぎだファック!と言われTゾーンをスポンジで拭い去られる。でも別段変わらない。

そしてシャドウとアイライナーを重ねていって、、、ってよくわからなくなったから
画像を参照してほしい。

IMG_2342

そこで私は人生初めての顎食いをしてもらった。
唇に保湿剤をのせてから、口紅をブラシで塗ってもらうのだが、こんな唇触られたの初めて!経験人数に入れていい?とさえ思った。

そして顔が出来上がった。

IMG_2339

(後から見てなんかにやついていて気持ち悪いと思った)

32 views

化粧をしよう②

店舗側面のまばゆい光を放つ、名前もどこに使うかもよくはわからない化粧品たちへと、恐る恐る手を伸ばす。

だけどどの店員さんも私に声をかけてくれない。
今日は全身UNIQLOじゃないけど、まあパンツはUNIQLOだけども。

手を触れたらお声かけするのが販売員の基本だと思っていたのだが、それでもお声掛けしてくれない店舗もあるわけだ。
まあターゲットが異なるのだろう。そこはよしとしよう。

そうして私はとりあえず有名どころSHU UEMURAへ突入し、ずっと佇んでいた。
そこに一体化してしまうくらい、歩んできた人が化粧売り場の一部と見紛うくらいの勢いで佇んでいた。
私はまるでそこから一歩も動けないかのような勢いで、何かを熱心に探しているふりをして虚空を見つめていた。

私より若いぱっちり二重の赤いアイシャドーのかわいい女の子がやっと声をかけてくれた。
「何かお探しですか?」

その言葉に戸惑う私。
とにかく私は誰かに化粧を施されたいの一心でここまできたのだが、果たして私は何を探しているのだろう?
別に何かを探していたわけではない。ただ前述の思い一心があるのみだった。
「あっアイシャドーをば、、、いつもブラウン系だからもうちょっと他の色を試してみたくて、、、」

目標が曖昧なまま突っ走れるのは大学生までだ。私はもう社会人。そしていい大人。そしてくそアラサー。
そう、私は変わりたいのだ。変わりたいからここへ来たのだ。
ベースメークを変えたって気づいてくれるのは、ブラジャーを新しいものに変えたらすぐに気づいてくれた姉くらいだろう。

43 views

化粧をしよう①

15時からの一人フェスを控えた私は吉祥寺東急1階の化粧品売り場に立っていた。
事の発端は、前日の午前4時。
高円寺ガード下の馬力にて、知人男性から言われた一言である。

「俺はそんなお前を抱かないからね!とりあえず化粧品売り場にいけ!とにかくいけ!」

そしてその後、彼からはURLだけが書かれた一通のDMが届いた。
「http://www.miyahaya.com/entry/2016/04/22/190857」
それが、「スタバで同級生のスッピンを見せられ、「メイクってすごい!」とぼくは声高らかに叫んだ!」という記事であった。

今まで散々「眉毛ないよ」といろんな人に言われてきた。なんなら第一印象になってしまうくらいだ。
言い訳がましい言い訳に聞こえるかもしれないが、この眉毛の薄さは生まれつきだ。
おばあちゃんにも「平安美人」と言われるくらいだ。

これから化粧品売り場に行ってプロのメイクアップアーティストにメイクをしてもらったということを書くわけだが、
私の顔写真は一切出てこない。そこでイメージしてもらいたいのが、よく源氏物語などで、再現されるあの顔だ。(ただし未婚なのでお歯黒ではない。)
眉毛が薄く、目は切れ長というよりかはやや腫ぼったい、唇も小さい。
一昔前似ていると言われた芸能人はめごっちこと剛力彩芽だ。それでイメージしてもらえばいい。

さて、天気は晴れ、ちょっと暑いくらいの良き日ドリ。

化粧品売り場通りという名の、駅まで13分のいつもの通い慣れた道とは違う道。
今までは避けて歩いてきたこの道を、私は今自主性を持って歩いている。立っている、私は今この道に立っているんだああああ!そして歩を進めるんだあああ!

101 views

占いに行ってきた ー占い結果から見る恋愛傾向とその対策ー

不安というのは自信と同じで根拠のないものである。

複数の要因が溶け出し凝り固まって煮凍りのようにぼわっとした漠然とした個体とも液体とも言えない物体として自分の中に存在してしまっている。

その溶け出した要因を探るのは容易なことではないのだろうか?
おそらく私の場合、その要因について心でわかっているのであろう。
しかし頭が決めつける。こうでなければいけない。それは倫理的にだめなことだ、などと。

占いに行ってここでもう一度心に従ってみようと思った。従ってよいのだと思った。

さあ、そして、承認を得よう。尊厳を得よう。そして試行錯誤を繰り返そう。そしてそれを評価してもらおう。

80 views