アイドルになれないなら死にたい

Monthly archives "1月"

2 Articles

私は最高に面白い

ニヤニヤする。
私は面白い。最高に面白い。こんな面白いこと考えつくなんて、天才なんじゃないかと思うくらいに。

私は形にしようとする。
私はそれを形にしようとする。

そして形にする。

けれど、それはとある形になった瞬間にたちまちつまらなくなる。

アウトプットの方法が間違っているのだろうか。
言葉、文字以外に何かもっと最良の方法があるのだろうか。

私はあぐねいている。

模索する。アウトプットの方法を模索する。

私の技量が足りないからたちまちつまらなくなるのだろうか。

元はうんとおもしろいのに。この脳みそをちょっと誰かに吸わせてあげたいくらい面白いのに。

なんでわからないのだろう。なんで伝わらないのだろう。

私はこんなに面白いのになんで伝わらないのだろう。

本当は私はつまらないんだろうか、と落ち込んだり泣いたりもするけど、

やはり、ぽん、ぽん、と浮かぶ言葉たちはどれも面白い。

面白い。

私は最高に面白い。

0 views

質問なんだが、ワトソン君。

ワトソン君、私はね、思ったのだよ。これは、この音はきっとあれなんじゃないかねって。私はこういうことを初めて体験するものだからね、是非君にも考えてもらいたいんだ。

なあワトソン君、聞こえるかい?この音だよ。この音。だいたい夜、時間は日によってまちまちなんだがね、そう、この部屋のあの辺から一定のリズムで音がするんだ。これはきっとあれだろ。ベッドの足と床が擦れる音だと思うんだが、私は考え過ぎなのだろうか。

そうさ、私には分かりかねるし、そういうことは私の生活の範疇にはなかったことだからね。私が思うに、この音の早さだと、幾分か遅いと感じるんだがね。あと、たまに止んだと思ったらまた始まる、こういうことは常識なのかね?いやいや、まさかこんな形で勉強することになるとはね。こうやって音だけで楽しんでいるとね、これが本当の耳年増かってどうしようもないことを考えてしまっているよ。

だいたい私は夜は部屋にこもって文献を読んでいるだろ。そうするとかたっかたっかたっってちょうどあの姿見が置いてある上からさ聞こえるわけだ。そうするとあれかね、この音の発生源は斜め上の住人、つまりは306号室ってことになるのかね。

私は安直かね。

はてはて、私の考え過ぎか。どうかね、ワトソン君。

0 views