アイドルになれないなら死にたい

Monthly archives "5月"

3 Articles

第3回かなまらレポート!「お土産企画提案(仮)」

疲れた体をひきづりながらぶらぶらしていると
地元の方々が、どこに何時に集合だのと話し合ってる。
「えっ?おめえこねえのか?え?あ?野球みんなのか?んじゃあ仕方ねえなあ~」
「え?知らないの?あそこ離婚してるんだよ。それで奥さんと彼女が・・・」
行列が過ぎ去ってしまえばそこはただ人でごったがえしたただの田舎町そのもの。

祭りの後というのは無性に切なくなるのはなぜだろう。まだ4月なのに、あの夏の終わりの線香花火の匂いすらしてきた、気がする。

その道すがら、ぺろっと舌を出してはにかみながらの写真撮影や、二ヤつきながらこれみよがしに飴細工を少々早めにピストンする少女、外国人を多数発見。

し、しまった!今日この川崎大師国だけは胸を張って変態です!と大声で叫んでもいい日だったのか!
そうだ、祭りや祭りや、
今日は祭りやわ、と異様な空気に飲まれ、なぜか急に気分が盛り上がってくる。

なんとしてでも、あの飴細工を手に入れなければ・・・・。ぎぎぎぎぎ。
と思い近くに居た飴細工を頬張る外国人に売り場を聞くと、これまたニヤニヤとした顔つきで教えて頂いた。
しかし売り子さんが見えないほどに長蛇、というか360°包囲されていた。

1点1点が手作業の為、全てが唯一無二。
柔らかめの飴でできているため、なかには舌で変形させ、自分好みの形にカスタマイズするという猛者も。
どうせ1点1点手作業ならば、もっとニーズに応えたものを作れば・・・。
ロング黒人サイズ:¥1000
カ○デカサイズ:¥800
包茎¥700
短小包茎¥400
といった展開はどうだろうか。

いや、しかし、きっと祭り委員会の間でも葛藤があったに違いない。
「短小包茎が売れ残ったらどうする?売れ残った現場を観た短小包茎の方々の気持ちはどうなる?
これは祭りだ。なのにそんな精神的ダメージを与えてどうする?」
等の戦略会議があったやもしれぬのだ。涙が止まらない裏話。

どうやら1時間待ちだったらしい大包囲網に耐えきれず頓挫し、空いているほうのキャンドルを物色。
オレンジ、ピンク、暖色系の色があまりなく、寒色系ばかり残っていた。やはりそこは多少リアルを求めなければね、わかるわ。

結局そのキャンドルのみを購入し自分へのお土産とした。

毎年行われているわけだが、来年の参加はどうしようかとあぐねる。
これは義務か?権利か?自由か?なんだ?もう巡り会えたんだからいいか!
というわけでいつかお礼参りに行こうかと思う。
いいち○こに出会えますようにとお願いしたのだから、もしも出会えたらお礼参りだ。
むしろそれまでは行かない。

エリザベス神輿のようなすばらしい流線美をもつナニに出会えるまでは・・・。

永遠に続く。(了)

3 views

第2回かなまら祭りレポート~やっと会えたね~

201305-2

ああ!なんてロマンティックな情景!

人ごみの隙間からやっと彼が見えた。うふふ。私は彼に真っ先に気づいた。
でもどうやら、彼はまだ気づいてないみたい。嘘でしょ、私はここにいるわよ。

会いたかったわ、本当よ、嘘じゃないわ、運命ね、ずっと夢見て来たのよ、ずっとずっと会いたかったんだから。

「やっと会えたね」って初対面なのにそんな自分勝手すぎる言葉が口から飛び出しちゃいそうで怖い、我慢、我慢。
会ったことも無いのにね、不思議、私の心をつかんで離さないのはいつだってあなただった。

思っていたよりもずっと静かに、ゆっくりとしたスピードで彼は近づいてくる、私へと。人ごみの隙間から垣間見える、彼の頭、そう、亀頭。
まだかな、まだかな、かなまら、でかまら、まだだな、そうだな。

盛り上がってくる私の気持ちとはうらはら、うらすじ。
何?恥ずかしがってるの?てめえらにも一応ちんこついてるんだろ?なあ、ついてない私でも叫んでるんだからよ!
叫べよ!もっと腹の底から叫べよ!てめえらの心の叫びを魅せてくれよ!

でかまら!でかまら!
でかまら!でかまら!

担いでいらっしゃるオカマの方々に全く勢いがなかった。汗だくで化粧が落ちて来ている。ファンデーションが汗と一緒に落ちて、顔に変な模様を作っていた。
神輿の上の彼(エリザベス)はただただそっと静かに鎮座(ちん○)していた。

私はその勢いのないゆっくりなスピードのおかげであなたに見蕩れることが出来る、あなたの流線美に見蕩れる。
毒々しいピンクにすることでPOPさが演出されている。そうあなたはただのナニじゃない。

私にとってはただ存在しているだけで嬉しかった、そこに居てくれるだけで嬉しかった、会えただけでもう成仏できそうだわ。
でも、何で、なんで、人間じゃないの?なんで好きって言って抱きしめてくれないの?

だめよ、だめよ、期待なんてしちゃダメよ、私。
ただ、彼に手足が生えてたら、それはもうちんこじゃない。例え私を抱きしめることができたとしても、もうそれはちんこじゃない。もはやちんこじゃない。

期待しちゃダメっていう思いとイ・ケ・ナ・イ思いが拮抗する。

彼はそっと私の目の前を去って行った。私には気づいてくれたのかしら?
私の熱いまなざし届いたかしら。抱きしめてくれなくても、私はもういいわ。
もういいわ、帰るわ、満足なんかしてないけど、疲れたわ、人ごみに疲れたわ。超疲れたわ。

4 views

第1回かなまら祭りレポート~いざ!かなまら!~

201305-1

毎年4月の第一日曜日にのみ行われているかなまら祭り。
そんな念願すぎて行ったら成仏してしまうんじゃないかくらいの勢いで初参戦。

調べて行ったのはスケジュールのみ。
ちんこに関しては衝動のみで行動する!それが私のモットーの一つ。
というわけでなんの下調べもなしに電車に揺られること1時間以上、行って参りました。

電車も混み混みで、普段使っているであろうギャルが「え?なに?まじでこんでんだけど?ありえなくない?なに?今日なんかあんの?」と車内通話。
心の中で「ちんこだよ!ちんこの祭りだよ!祭りof ちんこだよ!」とギャルへ向けて叫びつつも、お正月は厄よけでにぎわうであろう川崎大師駅に11:20到着。

にしてもすごい人口密度。まるで渋谷スクランブル交差点を激写するかの如く、そんな人ごみを激写する外国人。
駅前のコンビニにはビール、揚げ物等を販売する臨時販売所まで設けられ、長蛇の列。

衝動のみで来たせいか、なかなか本会場へたどり着けない。
たまたま近くに居た人の良さそうな警備員さん(推定62歳)に道を聞く。

「すいません、かなまら祭りへはどういけば」と言うやいなや、かぶせ気味にニヤリとしたのを見逃さなかった。
「うら若き乙女がそんなマラなんて言うなんておじさん興奮しちゃうなー」と超勝手な脳内妄想を楽しみつつ、言われた通りの道まで向かう。

一番の目玉の行列は本会場である神社から川崎大師付近の道をぐるりと練り歩くものらしい。 だからこの辺の道路にいれば見れるとのこと。
それすらも知らなかった私。衝動だけで行動したことを少々反省。 「好きならもっと知りたいとか思わない?」と私の中の女子高校生にあとで怒られそうだな。

11:30~の行列に備え、駅前にたむろしていた人々も列をなし始める。
今か今かと待ちわびている群れの人々は皆一様にニヤニヤと笑い、顔を上気させてる。

すごい人だ。厄除け大師の名を持つ川崎大師への初詣よりも混んでいるんではないだろうか。
お正月は皆新たな思いと願いを胸にこの駅へと集うわけだが、今日は違う。
皆同じ目的を持っているのだ。ちんこを見たいのだ!たかがちんこ!されどちんこ!

我々は運命共同体である!ちんこに魅せられてしまった哀れな下僕である!
さあ立ち上がれ同士よ!下僕どもよ!今こそ戦いの時である!負けるな!

私の中でちんこーるが湧き起こる。
主格の私はそんな私の中のみんなを盛り上げるべくエールという名の煽りを入れる。

3 views