10/25 夢日記

魔法使いでなければ夫のことを殺せる人なんていなかった。
だから彼女に頼んだ。
彼と一緒になりたいから、あの既知外の夫を殺してくれと。
彼女は拒んだ。困ったように笑いながら。冗談と受け取ったようだ。
私は彼女を脅した。
でも彼女はそんなの間違ってるよ、と涙を流した。
どうやら彼女は魔法使いでありながら
魔法など使ったことがないようであった。
私は彼女を良い人間だとは思っていたが、恋愛至上主義なところが大嫌いだった。
私は彼女を殺そうかと思ったが、やめた。
彼女は魔法使い、いつか使える。
バスタブのようなところで変な装置の中で夫はぐるぐる回っていた。
これで殺せるだろうか、本当に死んでくれるだろうかと思った。
どんどん年老いて行くように夫の顔からは生気が無くなっていく。
人を殺すということに少し胸が痛んだが、これからの先、夫のいない人生を考えると、そんな気持ちはほんのちっぽけなもので
むしろ私は歓喜していた。
しかしそこで彼が夫に手を差し伸べたのだ。
彼は反吐が出るくらい偽善者だ。
「やめようよ」「何も殺すことは無い」だなんて今にも泣き出しそうな顔をしている。
夫を殺さなければ、彼が殺されるというのに。彼はわかっているのだろうか。
私はその場で彼をも殺したくなった。
どいつもこいつも軟弱だ。欲しいものなんて結局ないのだろうな。
へらへらとその場を取り繕うことばかりだ。私は夫を殺したいのに。そうすれば彼だって私と幸せになれるのに。
なぜそんな簡単なことがわからないのだろう。頭が回らないのか。どいつもこいつも馬鹿だ
偽善が世の中を複雑にしている。なんでもっとシンプルに考えられないのだろう。
なぜそんな難しく考える必要があるのだろう。
彼は、とうとうぐるぐると回る夫の回転を止めてしまった。そして私たちは走り出した。
また逃げなければならない。
落ち着くことすらできない。夫はきっとどこまでも私を追ってくるだろう。
私はエレベーターに乗る時でさえはらはらする。
8階、7階、5階、
もしかしたら夫がどこかの階で乗り込んで来て、私を見つけるのではないか。私はいつもどこだってどんなときだって、人の影に身を隠す。
夫は私を見つけたらどうするだろうか。一生監禁するのではないだろうか。生き地獄だ。殺してくれた方がマシだ。
なぜ私はこんな夫と結婚したのだろう。愛していたのだろうか。こんな狂った夫を。
以前の夫がどんなだったかすら思い出せない。
優しかっただろうか、私に尽くしてくれていたんだろうか。
私は夫のどこを好きになったのだろうか。
その時は私も狂っていたのだろうか。
私はふとした瞬間に1冊の本を手に取る。
ページを開くと、おそるべきナルティシズムのバイオグラフィーがかき綴ってあった。
まるで、これは今、夫から逃れる私の逃亡日記。
全身から汗が吹き出す。ひやりと首の後ろを流れて行く。
間違いない。これは夫の手によって書かれたものだ。
きっとどんな魔法使いも夫を殺せない。誰も夫にはかなわないのではないか。
だったら私は夫といれば、完璧なのではないだろうか。
彼のことを裏切ったりせず言うことを聞いていれば彼だって優しい。
そう夫の言いなりに成っていれば、彼は優しい。
私は一生彼に服従を誓えば、もうこんな肝を冷やす必要等ないのではないか。
夫は私の行き先も気持ちも何もかもわかっていて、どこかでニヤリと笑っている。
あの恐ろしい笑みが、まるで目の前にあるかのように頭の中に浮かんでいる。
抗うから苦しいのだ。抗わず、従えば、おそらく私には幸せが訪れる。
とてもシンプルなことなのではないか。複雑にしているのは私自身なのではないか。そうだ。そうか。

10 views