アイドルになれないなら死にたい

Monthly archives "2月"

3 Articles

モテたいのかSEXがしたいのかなんなのか

久しぶりに会う人なんかと、最近どう?って話になったときに私はよく「いやあ〜全然モテませんね〜」と言ってしまう。
でもそもそもモテるわけもないし久しぶりに会うといえども、先方は私がモテないことくらいわかりきっていることであろう。

誰かと会ってもあーしろこーしろとアドバイスをいただいてばかりだ。
もっとアイラインは目のキワにひきやがれ、チークはもっと濃くだこのやろー、眉毛濃すぎなんだてめーといったメイクのアドバイスから、やれ、銀座のあのバーはナンパ率100%だの、温泉はOKのサインだのと、本当に有り難きアドバイスの数々はいまだに私のEvernoteの中ですやすやと眠っているので、アドバイザーの方々はとりあえずは安心してほしい。

いまや、私だけでなく性交渉を経験したことのない女性が増加傾向にあるそうだ。
しかしそんなただの統計に、まだ30前だし大丈夫〜、とあぐらをかいていては年を経ていくのみだ。

男なし!子供なし!女子力なし!あるのは処女膜だけ!
なんて言う勇気も機会もない、煮詰まりきってしまったこのネタは
もう年齢的にもテンション的にも一生言うことができないであろう。

ここ最近童貞女子という言葉が流行っているようだ。その意味は”童”心を忘れない”貞”淑な女子、というものらしい。
趣味に生き、女子力が低く、恋愛・モテに興味がなく、彼氏いない歴=年齢でも気にすることなく、女子カーストからははずれているがそれを気にもしていないというような内容であった。
モテ疲れしている女性からの共感も得ており、一緒に趣味を共有したいという男性からのラブコールもあるという。羨ましい限りである。

対して、私は童貞のような処女である。
卑屈な精神、歪んだ心、恋愛至上主義の人々を蔑み、見下して悦に入ることで自我を保っている。
自尊心が高く、自己顕示欲が邪魔をし、自意識過剰なまでに羞恥心が強い。面倒臭い限りである。

しかし、とてつもなく面倒くさいけど、慣れればかわいいのだ。かわいくみえてくるのだ。めんどかわいいのだ。

処女なのに童貞、恋愛至上主義に憧れているのに見下して馬鹿にしてしまう、そんな自己矛盾を抱えた赤ん坊爆弾こと私、本当かわいいですよ、愛してみませんか、愛でてみませんか。

今私が立っているここは、火曜サスペンスでよくみるような崖なのである。処女界における東尋坊なのである。
”経年”やら”老い”やらがジリジリと追い詰めてきており、私はそれを払いのけようにも一定のペースで迫ってくる。
いっそSEXへの憧れを断ち切ってしまい、自ら崖の下へと落ちてみようかとも思ったが踏ん切りがつかない。

SEXしてないからこんな風に自分の伝えたいことをうまく伝えられないんだ。このブログ書くのにも一体何日費やしているんだ。SEXしてないからなんとなく人生うまくいかないんだ。なんとなくいいなあって思ってた人に彼女ができたとか何人目だよ。

そんな踏ん切りがつかないのも、思い切りが悪いのもきっと、SEXをしていないからであろうか。
これが私の中の【”鶏が先か、卵が先か。SEXが先か、人生の成功が先か問題”】である。

私はSEXに突破口を見出しているだけであって、なにも出会って4秒で合体したいわけじゃない。SEX中毒なわけがない。
犬を飼ったら人に優しくなれる気がする、東京へ出てきたら成功できる気がする、
そんな淡い期待、と同じ類なのである。

新しい服や靴を買ったらるんるんと気持ちが高揚するように、
髪を切ったら気持ちが一新するように、
新しいノートを買ったら綺麗な字を心がけようと思うように、
そんな感じ。そんな感じで今までの私を刷新したいのだ。

モテたいのかSEXがしたいのかなんなのかなにがしたいのか。

私は変わりたいのです。

追伸:今日、映画モテキを見ていたら辛すぎて死にたくなりました。

172 views

メデューサの恋 〜片桐はいり風味〜

目があうと石になってしまうで有名なあのメデューサはその昔、たいそう美人だったそうな。
自分の美貌に自惚れ、どっかの美人をバカにして逆鱗に触れたため、あのような姿にされてしまったという。
—-
あたいだってね、若い頃はそりゃあー美人だったのよ
それが今はこんな。自らの美貌に自惚れた罰なんだってさ。

惨めなもんよ。ちょっと自惚れた程度でこんな叩かれるなんて。
いやねー世間は厳しいわ。出る杭は打たれまくる。へし折れるまで打たれまくる。

あーあ、やんなっちゃう。
なーんもいいことないわよ。まったく。

あたいにだって好きな人くらいいたんだからね。でもそんな好きな人を見つめ合うことができないのよ。
だってあたいを見た人間は石になっちまうんだからさ。
あー辛い。あー辛い。めっちゃイケメンと思う存分見つめ合いたいわ。

まあ、美人だったんだからいい思いもそりゃしたわ。今度見せてあげるから、数多のラブレターやらプレゼントやらを。
そこらじゅうの男たちが私を一目見ようと他の村から遠路はるばるわざわざ来たりね。ちやほや、ちやっほやされたわよ。
生まれ落ちた時からブスの女よりかはいい経験いっぱいさせてもらったけどね。

でも見なさいよ、あ、見ないで、石になっちゃうからあんたがさ。
今じゃこの通りブスよ。ブスっていうかもはや人間じゃないんだから。

どうしようもないわよ、一人で寂しく死んでいくわよ。

201502-1

あー、思いっきり誰かに愛されたいわ。
思いっきり誰かを抱きしめて、抱きしめられたいわ。
石じゃない誰かをね。

好きなやつを石にしてしまえば、いつだって眺め回すことだってできるんだけどさ、
でもね、冷たいの。知ってる?あんた石を抱きしめたことある?

しかも石って熱しやすく冷めやすいのよ。
私の体温で人肌にあっためてもすぐに冷たくなっちゃうの。

んでさあ、まあ私のこの醜悪な姿を見た瞬間、石になっちゃうわけでしょ。
それがまたひどい顔してんのよ。絶世のイケメンもひっどいブッサイクな顔してんの。
泣けてくるわよ。

ただ、誰かを愛して、愛されたいっていう人間の本能に従いたいのに、それが今じゃできないんだから

変な話よね。こんな話聞かせてごめんね

でもほら、ずっと一人でしょ?たまに寂しくなるのよ。
またきてよ、石に話したって張り合いないんだもの。
こうやって生身の人間に話して、なんらかの反応が欲しいんだもの。

ねえ、ちょっとでいいから抱きしめてくんない?大丈夫よ、
多分大丈夫。私と目を合わせなきゃ石になんてならないから。

なんか戻れそうな気がするのよ、
あのカエルに変えられてしまった王子様や、野獣に変えられてしまった王子様が、美女のキスで元の姿に戻ったようにさ、
あたいも誰かに抱きしめられたら元の姿に戻れるような気がするのよ。

なんでおとぎ話ではそういう醜悪な姿に変えられるのって男なのかしらね?
こんな醜い姿に変えられた女ってのあたいくらいじゃない?

おとぎ話に出てくる女ってのは元から美少女なわけじゃない。
だからキスで王子も目覚める。キスで元の姿にも戻れる。キスで失明すら治る。

なんであたいはそういうお姫様や美女じゃないんだろうね。
あーなんであたいは幸せになれないかなー。
あー寂しい、寂しい。

舌を噛み切って死んじまいたいけど、まだ心のどこかで、幸せになれるだろーうって信じちゃってる自分もいるから
嫌だわ恥ずかしいわーあー死にたい死にたい。

60 views

リッスン!ラップン!

どうもどうもー。こんばんは〜。ラプンツェルで〜す。
今日も空に溜め息を、地上には唾を、床には弁当ガラと抜けた髪の毛が、でおなじみのラプンツェルちゃんですよー。
毎回おなじみの塔の上からお送りしておりまーす。

と言いましても、決してこの部屋はゴミ屋敷ではないですよー。たまに床拭くと雑巾が茶色くなってしまいますけどねー。
そんなラプちゃん汚くないのに、こんなに雑巾が汚れちゃうなんてなんでかなーって本当不思議なんですよー。

きっとね、今日初めて聞いたよーって方もいると思うんでね、
まあこのリッスン!ラップン!、毎回聞いてくれている人には繰り返しになっちゃいますけど、ちょっとラプちゃんの自己紹介させてもらいますねー。

白雪姫さんとか、シンデレラ先輩とかに比べたら、そこまでなんですが、
そうそう、困ったことにね〜、結構有名なんですよ〜ただのひきこもりなのにね〜てへぺろ。

よく聞かれるんですよ、籠城して何してるの?って。ずっと一人なわけじゃないですか。
どんな答えを期待しているのかわかりませんけど、寝ているか、妄想しているか、ゲームしてるか、web漫画読んでるかですよ〜
スケベなことは一切してないので、リスナーの変態諸君には申し訳ない回答ですね〜ご期待に添えずにごめんなさい。

下界ね〜そりゃあ興味無いって言ったら嘘になりますけど、
でもさあ〜怖いじゃんね〜!

たまに、興味本位から登ってこようとしてくる本当迷惑な人がいるんですよ。
どういうつもりなんですかね?まったく。
でもね、ティッシュの箱の角をうまい具合にあてて突き落としてるんです。
ラプちゃんすごい、あれ、うまいくなったんですよ。
空気抵抗とか落下位置とか風向きとか考えて、シュッて相手のおでこにティッシュの箱がガンって、
そういう大会があったら、間違いなく優勝すると思いますねー。
まあ、そんな大会に行く前に、塔の上から降りたくないんですがね。

高いところから見える景色ってすごく素敵ですよ。なんの変化が無いって思ってます?
いやいや、あそこの蔦のびたなーとか枯れたなーとか四季折々の塔の景観が楽しめますからね。
下界にはきっともっと魅力的なこともあるのかなーって思いますけど、別にいいですよ。
たとえ、これが惰性であっても、塔の上に居続けるってこと、続けるってことは大切ですよね?継続は力なりって言いますもんね。ラプちゃんは継続してるんです。ずっと続けているんですよ。この塔の上にいることを。

じゃあここで一曲かけちゃおうかな。

ひきこもりのラプちゃんが言うのも全く説得力がないですけど、
生きててよかったと思える夜なんて、それこそ本当死に際の布団の中だと思うんですよね。
どこにもないと思うんですよ。ああ、今日は楽しかった、なんて思う夜はあっても生きてて良かった〜!って思う夜ってありました?それともラプちゃんが充実した日々を送ってないからかな〜?
運命の人みたいな感じで、最初はビビビってきても結局それってどんどん下降していくわけじゃないですか。
あそこが嫌だったとか、ここを直して欲しかったとか、そんな感じで。
楽しい夜があっても、酒に飲まれてしまったとか、ああ返せば面白くなったとか、ああすればもっと周りを楽しませることができたとか、まあ人生なんて後悔の連続ですよね。

実はねーまた髪切っちゃったんですよー、自分で。後悔なんてしてません。
いやいや、前髪だけじゃないですよ?よく女子高生が毎日のように自分の前髪切っちゃうとかそんな生ぬるい感じじゃなくて、
後ろもバッサリ切っちゃいました〜。天才でしょ?自分の後ろ髪切れる?すごくない?ラプちゃん天才じゃない?

そう、ラプンツェルなのにショートカット。ショートカットのラプンツェルです。

だからもう誰も登ってこれないんですよ。いや、誰も登ってくるわけもないんですよね。
きったねー古塔ですもん。蔦・雑草だらけだし、ヒビだって入っているし、明日壊れるんじゃないかってくらいですもん。
それを誰が、何かあるんじゃないかって、興味を持って、登ってきてくれるんだって話でしょ?

地上に降りれるくらいの髪の丈になるまでにはどのくらいかかるだろうな〜
その頃にはきっとラプちゃんはもうおばあちゃんで、白髪だらけで、傷んでいるから、降りてる途中にぶちぶちと切れて落ちちゃうかも。

そしたら死んじゃうかも〜!

だからずっとここにいよう〜!

ではまた来週!リッスン!ラップン!

今日も空に溜め息を、地上には唾を、ショートカットのラプンツェルがお送りしました!

3 views