かわいいたね

かわいい話の種を持ちたい。

飲みの席なんかで、初対面ないしはあまり面識のない人
私は必死で場を盛り上げようと、変な話をしてしまう。
私が持っている最強のネタは、「ねこのふん」という話と、オリンピックイヤーにうんこを漏らしてしまう話くらいだ。
もろ下ネタだ。

いつも初めての場所などに足を運ぶ際には、困った時はこのカードを出そう、と思っていくつか下ネタを
前の晩に布団の中で考えている。ふとした瞬間に思い出せなかった時用のために、念のためEvernoteにもメモをとる。

合コンでも私はうんこを漏らした話をしてしまった。
以来私は糞ガールと呼ばれている。まあもうその男性たちとは会っていないのだけれど。

もうちょっとかわいい話の種を持ちたい。
私の友達で気に入っているのは、気づいたらクーラーのリモコンを洗濯してしまっていた話だ。
それに似た話で、携帯と間違えて家のテレビのリモコンを学校に持ってきてしまったとか
天然っぽくてかわいい話だ。天然といえば私の姉は昔よく扉に突っ込んでいた。目が悪く扉が見えなかったらしい。
そんな話は犬猫動画を見るくらいほんわかする。

さて、私の話の種はほんわかなどしない。とある女の子は顔を引きつらせる。
とある男性は気を使ってか話を広げてくれようとする。

ほんわかしたドジ話はなかっただろうかと過去に思いをはせる。
体育祭の前日に告白してもいないのに振られたことをちょっと思い出した。
びっくりさせようと内緒で友達の家にドーナツ持って遊びに行ったらまさに”最中”だったこともあった。
扉に足をはさんで靴を血まみれにしたことがある。

別に誰も何も私に求めていないのに。一体私は何と戦っているんだろう。
別に盛り上げなくてもいいのに。

空回る私を見兼ねてか、別にそんな頑張んなくてもいいんだよ、ととある男性に言われ、惚れそうになったが、
彼は今は別の人とつきあっているんではないだろうか。

だからもてないんだよ、と言われれば確かにそうである、否定はできないし、しない。
ただ、私はおそらく、これらの種の話を人にしたいのだと思う。

もてとかそういうことを意識せず、自分の面白い面を知ってもらいたいのだと思う。
でもやっぱりもてたいので、かわいいたねを作るところから始めたいと思う。

45 views