アイドルになれないなら死にたい

Monthly archives "12月"

2 Articles

あー、その白い肌、細い腕、くっきりと浮かびあったの喉ぼとけ。

あー、その白い肌、細い腕、くっきりと浮かびあったの喉ぼとけ。
掘り返したシャツの袖口から延びる長い腕。
すらっと伸びた足。ちらっと見えるくるぶし。

やだもう、泣いちゃう。かっこいい。泣いちゃう。見てるだけで濡れちゃう。

シンプルな服装なのに、なんでそんな異彩放っちゃうの。
ああ、もう本当超絶超絶超絶、かっこいい。
あーもう、その偏屈な考え方。ウィットに富んだ冗談を真顔で言うとことか、その時の目とか本当溺れたい最高。

私その君のすばらしさ超わかるし、その考え方も超わかるからねえそばにおいて?君の世界観大好き。
私も入れて?わかるやつにだけわかればいいって、私わかるからすごいわかる。すごい君は面白い。大好き。
ねえずっと一緒にいよ?結婚しよ?

自分の世界を持っていて、独特な世界観のあまり、世間から置いてけぼりをくらってしまった、そんな孤独な人をわかってあげたいというのは、所詮、自分だけが良き理解者でありたい、自分が彼の世界をこじ開けて新しい風を入れてあげたい、というのは、エゴでしかないのだ。自分だけがわかってあげたいという、自分だけが彼にとっての唯一無二の存在でありたいという欲の塊の願望。それはただの自己顕示欲の塊を押し付けているに過ぎないのだ。それ以来私は好きなタイプは”一緒に居て楽しい人”というようにしている。別にモテを意識したわけではない。何度も言うが、モテを意識してのことではない。いわゆる”こじらせ女子”が好きな男性に共通するもの、それが、孤独、根暗、無頼、メガネが似合う、つぶらな瞳、決してイケメンではないが子犬のような雰囲気をまとった男、なぜであろうか。その寂しさをわかってあげたいなんてなんて勝手で我が儘な感情なのだろうって自分自身に嫌気が刺すのだけれど、快感に浸っている。そして今日も松田龍平に見たてた抱き枕をぎゅっと抱き締め眠るのだ。

22 views

5/10 夢の話

久しぶりに実家に帰るとなぜか皆集合している。老人ホームにいるはずの祖母も帰ってきている。何かあったのか、と問おうとしたとき、家のチャイムが鳴る。玄関ドアのすりガラス越しに見ると二人の女性が向こうにいるようだ。あーはいはいと慣れたように姉がドアを開けた。後ろを振り返ると、叔母と父も出てきており、叔母が「こちらが大わらじです」と言う。確かに見慣れぬおおわらじが玄関に置いてある。ふと外をのぞくと、そこには行列ができていた。どの人々も金色の玉を持っている。「返納は不要です。またご利益があるようにしますんで」と叔母が言うと、父がその大わらじを履いて金色の玉を踏む。女性たちは祈るようにしてその様子を見守り、そして大事そうに玉を持って帰っていった。それが何人も何人も繰り返される。ふと気づくと、母がいないことに気付く。「おかあさーん、おかあさーん、どこ」と 叫んでみても、返事はないし家の中に気配もない。母はどこだと聞いてもみんな困ったように微笑んでいる。「どっか行っちゃったんだよ」姉が言う。困ったように言う。このおかしな状況にとてつもなく不安になり、いるはずのない母親のことを呼び続けた。テレビの横に飾ってある姪の運動会の写真にも母親は写っていなかった。「いつぐらいからいないの」姉に聞いても「いつくらいからだろうね、このときはもういなかったようないたような」曖昧なまま だった。父は教祖になり、母は失踪した。

いや、母親はこの家族に殺されたのかもしれない。早くくたばってほしいと思っていたが、まさかこういう形でいなくなるとは。皆が母親のことをよく思っていなかったことは知っていたが、殺すまでなのか。父が教祖となったのと何か関係があるのか。

私は部屋の角に向かって何度か叫んだ「おかあさーんおかあさーん、どこー」おかあさーん。

0 views