アイドルになれないなら死にたい

しょうこファンクラブ

私には別段好きなものがない。
何かを集めているわけでも、何かを追いかけているわけでもない。
気が向いたときに、その時一番好きな好きなものを摂取する。

サブカルガールと揶揄されてきたけど、別にサブカルチャーが好きなわけじゃない。
ただその時好きだったものが、他人から見ればそういうものだったのだ。

だから何かを熱烈に好きな人をとても羨ましく思う。
興奮しながら好きなものについて語れる人を素敵だなと思う。

好きなものがない私は自分を語るときになにを話せばいいのか?とよく考える。
誰かに覚えてもらうときに、自分をアピールするときに、何を主張すればいいのか?

私は日々そんなことを考えていた。そしてあるときなんとなく思った。

あ!そうだ!私はしょうこを好きになろう!
しょうこはすごいんだぞ!しょうこはかわいいんだぞ!
なにが、どこがって聞かれてもよくわからないけど、とにかくかわいいし、なにより面白い!
よし!しょうこファンクラブを作ろう!
自分が会員No1になって、ごり押しごり売りをすればきっと会員も増えていくはずだ!
自分の好きなものを広めていけるぞ!よおし!

というわけで普及活動のために、まずはグッズを作った。
顔を並べたスマホケース


私のキャッチコピーでもある「ニュー処女」をおしゃれにデザインしたTシャツだ。

あとは、お年賀用にステッカーも作ったりした

しょうこの人気が高まると同時にグッズも売れ、お金が手に入る。
その得たお金を美容につぎ込み、しょうこはさらにかわいくなっていく。そして更に人気が増していく。
そしてしょうこはしょうこをもっと愛せるようになる。

なんたる相乗効果。

ファンクラブへのご加入、グッズの購入のご連絡待っています。
伝書鳩も可です。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)