なんとなくかけるけど基本的なことが抜けていたりするので、根本から学びなおそうと思って

Paul Barry 著「~頭とからだで覚えるPythonの基本~(オライリー・ジャパン 2018年刊行)」を購入。


1章 基本

ざっくりと書かれていることとしては

  • pythonコードを実行するものをインタプリンタという。ただpythonの場合IDLEはIDEをさし、インタプリンタでコンパイル、リンク、実行すべて実施される。
  • 関数はモジュールの中に、モジュールは標準ライブラリの中にある

→まずはモジュールから関数をインポートして、必要に応じて呼び出す

from datetime import datetime
right_this_minute = datetime.today().minute

標準ライブラリが豊富

  • データ構造も備えている
  • 型を宣言する必要がない
  • pythonの場合 elseif は elifと書く

if today ==’Saturday’:

  print(“Party!”)

elif today == ‘Sunday’:

  print(‘refresh!’)

else:

  print (“work,work,work”)

  • 編集、コンパイル、リンク、実行という流れの概念はない。インプリンタが自動化してくれる

elseifはelifと書く。

◆シーケンスとは…オブジェクトの順序付きコレクション

Pythonのシーケンスはインタプリンタで反復処理できる

for ch in “Hi!”:

  print(ch)

◆反復処理

for:事前に反復回数が分かっているときに最適

while:反復回数がわからないとき

◆for の使用例

1.数値のリストを取り、リストの各数値を反復処理して現在の数値を表示

2.文字列を反復sy利子、反復ごとに文字列内の各文字を処理

3.指定した回数だけ反復処理する(range関数)

 for num in range(5):

print(‘unko!’)

◆実行を一時停止する

import time

time.sleep(5)

インポートするものを明確に指定せずに、モジュールの機能を利用できるようになる

インポートしたモジュールが提供する関数を使うには、ドット表記構文で指定する

◆range関数

range(99, 0, -1)  複数の引数を持たすことができる

if today ==’Saturday’:

  print(“Party!”)

elif today == ‘Sunday’:

  print(‘refresh!’)

else:

  print (“work,work,work”)