アイドルになれないなら死にたい

"恋とUFO"

5 Articles

恋とUFOーVOL6.乙女失格

恥の多い生涯を送ってきました。
私には今、恋する女の生活というものが、見当つかないのです。
祖母、母、叔母、姉と女系家族に生まれましたので、学生時代は男性と話すことすら、まともに目を合わせることすら、できませんでした。

とはいえ保育園時代に初恋は済ませてはいました。
同じクラスの「かずくん」、とは公認のカップルであり、赤いモールと白いビーズで作った指輪すら貰いました。
「かずくん」とはわけもわからずはやし立てられるままにみんなの前で、唇を突き出しチューをしていました。
人前でそういった行為をすることの恥ずかしさ、乙女の恥じらいというものを一切知りませんでした。

もし恥が借金だったら、雪だるま式に増えて、生涯で自己破産を4回くらいして、クレジットカードが作れずに、通販も代引きしか利用できずに、今頃手数料でさらなる借金地獄だったことでしょう…ああ恐ろしい。

つまり私には幼い頃から恥じらいがないまったくの乙女失格、
そして更に一重で胴長短足、中肉中背のなんのとっかかりもない容姿でしたから、
私は私のポジションを「笑い」に置くしかなかったのであります。

人間失格でいうところの「そこで考え出したのは、道化でした」です。
太宰治は小説の中で「道化は人間に対する最後の求愛」と言っていましたが
私にとって「道化は私に対する最後の救い」なのでした。

セロハンテープを鼻に貼り、研ナオコのモノマネをするコロッケのモノマネを祖母と叔母から教え込まれてきたくらいなので
道化に関しては、英才教育でした。

こうしておちゃらけ、恥という釉を自ら塗りたくり、
業火にさらされ、私という名の陶器が出来上がったのです。

骨董市で30円で売られているかもしれません。
リサイクルショップの隅の方でほこりをかぶって、変な置物に隠されているかもしれません。
廃墟と化した民家の軒先で水がめとして、夏はボウフラの温床となっているかもしれません。

そんな運命が待っているとわかっていたとしても、もう道化をやめることはできないのです。
そうです、今更なのです。
恥を晒し、恥を上塗りしてきたこの身、今更乙女になどなれやしないのです。

これからもEvernoteという蔵から恥を取り出しては上塗りしていくのです。
そうして私は恥でどんどん強くなっていくのです。
乙女失格万歳!恥万歳!

0 views

恋とUFOーVOL1.処女通信創刊号

恋とUFOとは
「カルチャー系雑誌の1ページコラム」ということを自らに課し、ライターになりきったつもりで書いていた。内容については他のエッセーと大した差はない。ただphotoshop触りたかっただけ。


恋とUFOとは、別名バージン通信ともいい、編集長が気まぐれであることから季刊誌とする。編集長はバージン会えげつない部門を代表とするしょこたそである。そのあまりの気まぐれさから、初案から約3年もの時を経てようやくの発刊である。

かねてから、構想はあったものの、なかなか実現にまで至らなかったのは、彼女の中に恥じらいがあったからだと語る。しかし、彼女は今年26歳。まさしくアラサーにもなったというのに何を恥じらっているというのか、恥じらっている暇など無いのだとまくしたてるように語る。

インタビューがはじまりかけたその時、突如彼女は右手を天に突き上げ、大声で「いざ!鎌倉!」と叫んだと思いきや、会議室を出ていってしまった。

インタビュアーである私を含め場は騒然とした。発刊記念インタビューであるはずなのに、突然の退室による主役の不在。今後の続行に一抹の不安を抱きつつも今回は事前に頂戴していた資料を元に少しずつ私が説明していきたいと思う。

まずこの季刊誌の立ちとるでもある恋とUFOについて説明しなければならない。これは彼女の持論であるその名も「恋とUFO」からとったという。まさしくそのままである。その持論とは、「待ちわびれば待ちわびるほど遠ざかり、期せずときにふいに現れるもの、それが恋とUFOである」というものだ。なるほどなど少しばかり関心もしたが、いささか腑に落ちない点もあるわけだ。インタビューの冒頭(終盤ともいえるが)彼女は「恥じらっている暇などない」と言っていたはずだ。いざ!鎌倉などと口走っていたはずだ。しかしながら彼女の根本の部分ではまったくもって待ちの姿勢を崩さないわけである。

UFOなら多摩川の河川敷での目撃例が多々あるし、山の頂上やビルの屋上において呼び出す儀式を行えば、必ずとは言えないが、遭遇率は多少高まるであろう。しかし恋は待っていても訪れないのだ。恋とはそんなUFOのように神がかり的なものではなく、もっと現実的なものであると私は思う。

恋とはかけひきである。彼女が本当の運命に出会える日を私たちは決ま画に待てばいいのであろうか?まるで、たまたまUFOを目撃してしまった人々が動画サイトにアップロードするように、私たちは彼女の恋の発芽をパソコンの前でじっと待ってればいいのだろうか。

いや、彼女を変えて見せるべきであると私は強く思うのだ。インタビュアーながらにも取材対象に対して説教じみたことを書いてしまったが、読者の中にも私と同意見の人がいらっしゃるかもしれない。しかし、だ。彼女はきっと「いざ!鎌倉!」と叫んだように、今が変革の時なのかもしれない。そんな彼女を生暖かく見守るしか私たちにはできないのである。

これを読んでいる読者も彼女の今後の動向が気になるはずであろう。その動向がこの恋とUFOにおいて赤裸々に逐次語られていくのである。今は続報を待て、としか言えない。次号もお楽しみに。

2 views