アイドルになれないなら死にたい

化粧をしよう④結論

結局私は買ってしまった。
“施しを受ける”という目標を元に行動したわけだが、欲しくなってしまい買ってしまった。
「メイクをしてもらったら買わなきゃいけないのかな」という思いはあるが、かわいいから買ったのだ。
買わされたのではなく、買ったのだ。

「がぞ」

トップメイクアップアーティストの施しを受けたのち、私は一人フェスへと繰り出した。
愛しのworld’s end girlfriendにdownyにMONO。
最高のフェスを大好きなひとりぼっちで楽しんだ。

途中、入場規制がかかり、外でぼーっときのこ帝国を聴きながら一人待っていた。
待っていたが、別段いつも通りのひとりぼっちであった。
ナンパなんてされなかった。フルメイクなのに。

そのあと、どうしてもこのメイクを見て欲しくなって、翌日の仕事も顧みずにお友達の飲み会に合流したが、
「なんか違う」と言われただけだった。確かにそうだろう。

①で書いた記事内に「コンプレックスはメイクによって輝く」とあるけれど、
私はぼんやりとした顔だなーくらいでそこまで自分の顔に固執しておらず、そもそもコンプレックスなんてなかった。
強いて言えば「ブスではないけどかわいくはない」ということくらいだ。

特に磨くところもないし、特に隠すところもない。
自信はないけれど、コンプレックスもないというこの顔とどう付き合っていけばよいかちょっとよくわからなくなった。

そもそも論、化粧映えしない顔なのだ、私は。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)